取引用プラットフォームの安定性は?デモ取引の有無もチェック

取引用プラットフォームの安定性は?デモ取引の有無もチェック

取引用プラットフォームの安定性は?デモ取引の有無もチェック

バイナリーだけではないが取引ミスは命取り

まだトレードに慣れていない初心者の場合、一番怖いのは発注ミスなどの操作間違いです。やはりお金をダイレクトに扱う投資という作業上、ミスは極力起こさないよう注意しなければなりません。そして操作性の悪い取引プラットフォームを使っていると、やはりどれだけ注意していてもケアレスミスは起きてしまうものなのです。

操作性の良し悪しというのは一人ひとり感じ方が違うことも多いですので、ネット上の評判だけではなくやはり自分で実際に触って動かしてみなければわかりません。そのために必要なのが「デモ取引」になるわけです。

本番環境で練習できるデモ取引は活用すること

デモ取引では本番環境と全く同じ状況で取引用プラットフォームを触ることができます。入っているお金は当然バーチャルのものですが、本当の為替レートの動きを見ながらトレード体験できますからそこで隅から隅まで全ての機能を使いまくってみるのが良いのです。私にも経験があるのですが、何度やっても発注数量を間違えてしまったり、売りと買い、ハイとローを間違えてしまう取引プラットフォームは存在します。これはもう自分のフィーリングとの相性ですから単純に良いとか、悪いとかの評価はしにくいのですが、少なくともデモ取引を十分に行えば「この取引システムは使いやすい!」と素直に思える物に必ず出会えるはずです。

また、デモ取引では発注⇒約定のレートが適正かどうかも確認しておかなければなりません。取引システムの性能が悪ければ、発注した時のレートと約定した時のレートがズレてしまう「滑り」という現象が起きます。この滑りが頻発したり、滑るレートが大きかったりすると取引に支障を来します。トレードを続けていると、ギリギリの為替レートの変動で勝ったり負けたりといった場面も必ずあります。可能な限りこの「滑り」現象が発生しない業者で取引すべきなのです。

デモ取引を体験してから業者を判断すること

取引プラットフォームや取引システムに関する業者選びのポイントを再度整理してみましょう。まず、デモ取引環境が用意されていることは必須ですね。そしてデモ取引を行ってみて操作性が自分のフィーリングとマッチするかどうか。直感的に操作しても発注ミスしないかどうかを確認します。最後は約定した為替レートが発注した時のレートと較べて大きく違っていないかをチェックします。これら全てがクリアされている業者を選ぶようにしましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.